新築にカーポートは必要?いらない?後悔するケースとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイホームの外構には悩まされますよね。必要そうに見えて、実はいらない物って結構多く存在します。

後から後悔しないためにも、取り付ける前に見極める事が大切。

我が家でも新築マイホームを建てる際にカーポートを設置しました。カーポートの設置で悩んでいる方は、意外と多いのではないでしょうか?

今回は実際に取り付けてみて感じた、カーポートのメリット・デメリットやカーポートの必要性などをお話します。

これからマイホームを建てる方、カーポートの設置で悩んでいる方は、是非今回の記事を参考にして下さい。

 

1.我が家でもカーポートを購入

我が家は今年3月くらいにマイホームが完成し、その後すぐにカーポートの設置をお願いしました。

カーポートの大きさは車2台がすっぽり入る程度。将来子供が大きくなった時の事を考えて、カーポートはあまり大きくせず、残りのスペースに車2台を別で止められるようにしておきました。

ちなみに設置したのは家を建てた住宅会社ではなく、普通に近くにあるホームセンターで、後からカーポートの取り付けのみをお願いしました。

 

費用はいくら掛かった?

カーポートの費用はピンキリです。オシャレなデザインの物や、シャッターや車庫などが付いているような物であれば、数百万円はします。

反対にシンプルでデザインに拘りがなければ30万円程度で購入する事も可能です。

我が家で取り付けたカーポートは工事費込で大体「40万円」くらい。

デザインはシンプルで安い物を選びましたが、一応雪国なので、雪国使用の強度のあるカーポートをチョイス。

オールブラックで家の雰囲気にもあっており、値段を考えると「取り付けて良かったかな。」と今は感じています。

 

2.カーポートを取り付けて感じたメリット

カーポートを使い始めて半年ほど経ちますが、我が家でカーポートを設置して気付いた、「メリット」をまずはご紹介します。

カーポートを取り付けると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

【カーポートのメリット】
・雨に濡れない
・車の中が日差しで暑くならない
・車の劣化を防げる
・鳥の糞がかからない
・雪が車の上に乗らない
・フロントガラスが凍結しない
・BBQやプールに使える

 

カーポートのメリット1:雨に濡れない

カーポートは雨の日には本当に助かっています。僕の家ではカーポート~自宅玄関までが、すぐ側なのでほとんど濡れません。

特に子供がいる家庭こそ雨の日はカーポートが強い味方となります!

子供をチャイルドシートに乗せたり下ろしたりする時って、意外と手間が掛かります。

雨の日にカーポートなしで、この作業を行なうと、かなりベタベタになります。(※マンション時代は雨の日いつもベタベタになってました。)

カーポートがあれば濡れないので助かります。

独身であれば走れば少し濡れる程度なので気にならないかもしれません。しかし子供がいる家庭では、カーポートは雨対策に必須だと思います!

 

カーポートのメリット2:車の中が日差しで暑くならない

真夏の車の中は温度が45度~70度にもなると言われています。炎天下の下に車を置いておくと、乗った時に熱くてハンドルすら握れません!

シートベルトなどの金具部分を触るとヤケドしそうになります・・・。

しかしカーポートがあると、中の温度が暑くならないだけでなく、少しヒンヤリしているくらい。ハンドルやシートベルトの金具なども、全然熱くならないので乗ってすぐに運転できます。

チャイルドシートも熱くならないので子供が嫌がりません。

 

カーポートのメリット3:車の劣化を防げる

車はやはり室内保管しておいた方が劣化を防げるみたいです。

僕は車の劣化については、まだ感じた事がないので分かりません。

でもネット上の情報を見ていると、室内保管していないと、車のボディの塗装が剥がれたり変色が起こりやすいそうです。

 

カーポートのメリット4:鳥の糞がかからない

車や家の上に「電線」はありませんか?電線が真上にあると、車が毎日鳥の糞だらけになります。

これは場所によるので一概には言えませんが、毎日のように鳥の糞をかけられると、掃除が面倒だし気が滅入ります。

マンションでは毎日僕の車だけ、鳥の糞だらけになり困っていました。

 

カーポートのメリット5:雪が車の上に乗らない

我が家がカーポートの購入を決意した理由は「雪」が一番大きかったです!

僕が住んでいるのは降雪量が多い地域なので、年によっては有り得ないくらい大雪が降る事があります。(※今年の1月に降りました)

大雪が降ると車が雪に覆われるくらい凄いです。毎朝車の雪を下ろす作業から始まり、車が出られるように地面の雪かきも行ないます。

我が家ではカーポートの目の前が道路になっているので、道路の除雪さえ入れば、雪かきせずに車が出れそうです!

 

カーポートのメリット6:フロントガラスが凍結しない

これも雪国あるあるですが、寒くなって気温が氷点下になると、朝はフロントガラスが凍結して前が見えない状態になります。

お湯をかけたりエンジンをかけて、溶けるのを待つしかないのですが、朝仕事に行く前だと、意外と大きな時間ロスに繋がります。

カーポートがあると、空気中から降りてきた水蒸気が窓につかなくなるので、凍結を防ぐ事ができます。

 

カーポートのメリット7:BBQやプールに使える

真夏にはカーポートがあるだけで「BBQ」「プール」などの日差し対策にも使えます!カーポートの下で「BBQ」「プール」などを楽しんでいる家族は多いですね。

子供がいる家庭にとっては嬉しいですよね。

 

3.カーポートを取り付けて感じたデメリット

続いてはカーポートを設置するデメリットについて。カーポートは安い買い物ではないので、デメリットもしっかり理解して上で設置する事をオススメします!

【カーポートのデメリット】
・費用が掛かる
・敷地が狭くなる
・車が止めにくい
・開放感がなくなる
・台風や積雪の被害

 

カーポートのデメリット1:費用が掛かる

カーポートを設置すると高額な「費用」が掛かります。カーポート代だけでなく、それを設置するための「工事費」など、もろもろ掛かってきます。

先ほども申しましたが値段はピンキリで、ちょっとした荷物を入れておける車庫のようなタイプや、シャッターがついたタイプを選ぶと、かなり高額になります。

シンプルに車が入れておけるタイプであれば、割と安く済ませられます。

 

カーポートのデメリット2:敷地が狭くなる

カーポートを取り付けると、「柱」が何本か立つ事になるので敷地が狭くなります。我が家では3本×3本の計6本の柱をつかっているため、その分は敷地が狭くなっています。

特に都心部は、敷地の問題でカーポートを取り付けない家が多いですね。

そもそも都心部は「雨」や「雪」の量もそこまで多くないので、カーポートが必要ないのかもしれません。

 

カーポートのデメリット3:車が止めにくい

カーポートがあると柱に当たらないように駐車するため、ない場合に比べて少し車が止めにくくなります。とは言ってもある程度広さがあればすぐに慣れるので、そこまで気にする必要はないと思います。

極端に狭いスペースに大きい車を入れようと思うと、ぶつける心配も出てきますね。

後車にバックモニターが付いてない場合、夜は真っ暗なので少し止め辛いかもしれません。そんな場合は、カーポートに点灯するライトを取り付けておくと、止め易くなると思います!

 

カーポートのデメリット4:開放感がなくなる

カーポートはかなり大きいため、取り付けた部分は日陰になり開放感がなくなります。

骨組みだけの簡素な作りであれば、そこまで圧迫感がないのでオススメです。

重厚なものや四方が閉ざされた「車庫」のようなデザインだと圧迫感が出ると思います。

 

カーポートのデメリット4:台風や積雪の被害

カーポートの一番の懸念するポイントは「災害」だと思います。

特に「台風」「積雪」には注意が必要。僕の住んでいる地域でも積雪で「カーポートが潰れた」という家を見た事があります。

これはカーポートのデザインや強度が関係していると思います。特に屋根が鉄製でないと飛びやすいし、倒壊しやすいと思います。

こんなカーポートは注意。

屋根はこのようなパネルデザインだと飛びやすそう。それと両サイドの柱は、雪が多い地域では3本ずつにした方が良いそうです。

こういった点に気をつければ、よっぽどの事がない限り、カーポートの屋根が飛んでいったり倒壊する事はないと思うのですが・・・。

 

4.カーポートが必要な人とは?

カーポートのメリット・デメリットを見ていきましたが、どうでしたか?続いては、カーポートがどのような人にオススメなのか見ていきましょう。

【カーポートが必要なのはこんな人!】
・子供がいる家庭
・雪や雨が多い地域に住んでいる
・車を大切にしている

こういった特徴に当てはまる人であれば、安い物で良いのでカーポートの設置を考えた方が良いかもしれません。

 

カーポートが必要な人の特徴1:子供がいる家庭

小さい子供がいる場合、絶対カーポートがあった方が便利です。雨の日に、チャイルドシートに子供を乗せたり下ろしたりするのは、本当に大変です。

子供がいると何かと荷物も多くなるので、カーポートで屋根があるだけで利便性が全然違います。

 

カーポートが必要な人の特徴2:雪や雨が多い地域に住んでいる

雪が多い地域でもカーポートは必須。車や地面の除雪作業がないだけで、時間に余裕が生まれます。

 

カーポートが必要な人の特徴3:車を大切にしている

車を大切にしている方、高級車に乗っている方だれば、カーポートで大切な車を守った方がいいです。

カーポートなんて安ければ30万円くらいで設置できるので、車の修繕費などを考えれば安いものです。

 

カーポートが欲しいなら、無料見積もりしてみる

【無料見積もりしてみる】
・無料見積りをしてみる
Aさん「カーポートがやっぱり欲しい!」
Bさん「カーポートについて相談したい!」
Cさん「カーポートっていくらぐらい掛かるの?」

「タウンライフ家づくり」を利用すれば、基準をクリアした外構業者から、外構・お庭工事に発生する費用を無料で見積もりしてもらえます!

ネット上で3分程度で一括見積もりが行えるので非常に便利。

【無料でこんなサービスが受けられる!】
・ネット上で無料で工事の見積もりが行える

わざわざメーカーに行かなくても、無料で工事の費用やプランを聞けるのでオススメです。

【無料見積もりしてみる】
・無料見積りをしてみる

 

5.カーポートに対するネット上の意見や失敗例

続いてはカーポートに対する、ネット上のリアルな意見や失敗例を見ていきましょう!家づくりで失敗しないためにも、是非一度目を通してくださいね。

【ネットの意見1】
「念願のカーポート設置!
こんなに高さと広さいらなかった、数字じゃイメージわかずやや失敗」
出典:https://twitter.com/

こちらはカーポートが大きすぎたという失敗例。

【ネットの意見2】
「カーポート狭すぎた問題
横でいれると、左ハンドルの宿命で出れない
頭から突っ込もうとすると横の住人に迷惑かかるからだめだー」
出典:https://twitter.com/

こちらはカーポートが狭すぎたという失敗例。カーポートが狭いと車を停めるのに毎日ストレスになるので注意。

【ネットの意見3】
「おはよーさんです

おうちBBQしたい。
カーポートつければ良かったと後悔。

出典:https://twitter.com/

カーポートがあると日差しを遮れるので、夏にはBBQやプールなども楽しめます!

【ネットの意見4】
「台風 被害なし!と思ってたのに

カーポートの屋根 一枚 剥がれてた。

まあ、停電しなくて良かったと思うしかない。」
出典:https://twitter.com/

こちらはカーポートを付けて被害にあわれた方。便利なカーポートだけど、台風では剥がれる場合もあるらしい・・。

【ネットの意見5】
「昨日の台風は久しぶりに恐怖を感じました
我が家はベランダの物干しの屋根が飛んでいきました^^;
幸い旦那様が直せるレベルなのでまだ良かった
お隣さんはカーポートが全壊だったし街路樹も何本か倒れてるのも見たし岐阜でも被害が…」
出典:https://twitter.com/

こちらも台風によるお隣さんの被害。怖いですね。

【ネットの意見6】
地震に台風。日本は天災が本当に多いですね。そして、恐ろしいですね。僕の家は台風でカーポートの屋根がフューンでした。
出典:https://twitter.com/

こちらも同じ内容です。

【ネットの意見7】
久々に雨。カーポートつけとけば良かったと、雨が降るたびに後悔です。
出典:https://twitter.com/

雨がふっているとカーポートは本当に助かります。

【ネットの意見8】
雨の日息子乗せたり降ろしたりするのに、雨濡れへんから良きや
カーポートつけて良かったと心の底から思ってる
出典:https://twitter.com/

こちらもカーポートをつければよかったと後悔してますね。

【ネットの意見9】
風が強くて、カーポートの支柱が揺れて怖いよぉ。カンカン金属音がする。。。東から強い風が吹くと飛んで行きそうな我が家のカーポート、失敗&心配。
出典:https://twitter.com/

カーポートはある程度強度のあるデザインを選んだ方がいいです。特に自作とかだと吹っ飛ぶ恐れもあるので注意。

【ネットの意見10】
カーポートを設置したのですが、色の選択を失敗して後悔しています。勿体無いのですが、いきなり塗装も考えています。
出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12155769182

こちらは色による失敗例です。カーポート単体でなく家や庭との相性も考えなければいけません。

【ネットの意見11】
うちのカーポートはアーチ型で雪が大量に滑って落ちてくるから失敗したなと思う今日この頃
出典:https://twitter.com/

アーチ型のカーポートは雪が横から落ちてきます。カーポートの上に雪はたまりませんが、その分こまめに落ちてくるから人にもぶつかりやすい。

【ネットの意見12】
カーポートは極力近い方がいいよ!
うち離れてて雨の日に毎回『失敗したなぁ…』って思うwww
出典:https://twitter.com/

カーポートから玄関が離れていると、雨の日に濡れるのでNG。距離が近ければ毎回濡れずに済みます。

【ネットの意見13】
カーポートの幅で失敗してしまった! 担当者は問題なく二台停まるというが、4メートルに二台は厳しかった……
出典:https://twitter.com/

カーポートを設置するときは、数字でしっかり確認しなければいけません。車2台停めるのであれば「幅」「奥行き」を確認しておきましょう。サイズは少し余裕を持って作ることをオススメします。

 

6.まとめ

以上です。今回はカーポートのメリットやデメリットを中心に、新築への必要性などもお話しました。

基本的に「子供がいる家庭」「雪や雨が多い地域に住んでいる」であれば、問答無用でカーポートは取り付けた方が良いと思います。

反対に独身の方や住んでいる地域によっては、カーポートは必要ないと感じるかもしれません。

我が家はカーポートを取り付けて半年経ちましたが、「取り付けて良かった。」と強く感じています。

カーポート設置のデメリットもいくつかお話しましたが、注意した方が良いのは「デザイン」ですね。デザインによっては台風で屋根が飛んでいったり、雪で潰れてしまう場合もあるみたいです。

この辺りについては、業者に直接相談した方が良いと思います!

住んでいる地域や各家庭の事情もあると思うので、自分の家への必要性をしっかり考えてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*