最初から住宅展示場は行かない方がいい6つの理由。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家造りを始めるとなると最初に何をしますか?

「マイホームが欲しい!」⇒「とりあえず近くの住宅展示場に参加してみよう!」

ほとんどの人がこのような行動を取りますが、これは実はNG。

住宅展示場へは、何の知識もない状態では行かないほうがいいです。

今回は住宅展示場には最初から行かない方がいい理由と、住宅展示場に行く前にやるべき事をご紹介します。

これから「家造り」を始める方は、是非最後までチェックしてくださいね。

 

タウンライフ家づくりを使えば、「間取りづくり」「資金計画」「土地探し」などをネット上で無料で行えます。条件に合った注文住宅会社を全国600社から探す事が可能。全て無料なので一度見積もりを行ってみましょう。

1.住宅展示場は行かない方がいいのか?

住宅展示場は行っても良いですが、最初から何も知識がない状態で行くのはオススメしません。

「住宅展示場を見に行ったけど、何も為にならなかった・・。」
「営業マンのペースにハマってしまった。」

最初から住宅展示場に行くと、このような事態に陥ります。

最悪の場合、営業マンに言いくるめられ、その場で契約してしまう可能性もあります。

これだけは絶対に避けるべきです。

 

全く知識がない状態で行くのは危険!

ハウスメーカーの知識が全くない状態で住宅展示場に行くのは、非常に危険なのでやめて下さい。

全く知識がない状態というのは、ハウスメーカーからすれば「イイ鴨」です。

家造りに無知なだけでなく、他のメーカーの事も全く知らないため、営業をかけやすいお客さんです。

 

住宅展示場はハウスメーカを絞ってから

住宅展示場は参考になる事もありますが、それはある程度「ハウスメーカー選び」が絞れた段階になってからです。

基本的な順序は以下。

【家造りの順序】
1.とにかくたくさんの住宅会社の資料を見る
2.自分たちに合った住宅会社を2~3社程度に絞る
3.気になる会社の展示場に参加する
4.住宅会社を決める
5.打ち合わせを進める

色々なハウスメーカーを比較検討した後に、興味があるハウスメーカーが参加している住宅展示場に行くべきです。

ハウスメーカーが全く決まってない状態で展示場に行っても、ただ展示物を見ているだけで時間の無駄になるのでオススメしません。

>>ハウスメーカーの比較はココから

 

2.最初から住宅展示場は行かない方がいい6つの理由

続いては最初から住宅展示場に行かないほうが良い理由についてお話します。

【最初から住宅展示場に行かない方がいい理由】
・メーカーが絞られてしまう
・疲れる割に成果がない
・しつこく営業される
・営業に負けて契約してしまう
・ハウスメーカー探しに時間がかかる
・モデルハウスを見ても意味がない

 

理由1:メーカーが絞られてしまう

住宅展示場に最初から行く一番のデメリットは、展示メーカーだけに視野が狭まってしまう事です。

住宅展示場に参加すると、ほとんどの人は、その中でハウスメーカー選びを行おうとします。

実際にはハウスメーカーは世の中に数多くあり、もっと自分たちに合う業者がいるはずです。

そういった意味でも展示しているメーカーから決めてしまうのは、非常にもったいない事です。

実際に住宅展示場では大手ハウスメーカーが多く、地方の工務店は参加していない事がほとんどです。

 

理由2:疲れる割に成果がない

住宅展示場やモデルハウスは、実際に行ってみると分かりますが、疲れる割に何の成果もありません。

「どの家もオシャレだねー!」
「4,000万円もするのか、高いね。」

最初から住宅展示場に行くと、大抵の人はこんな感情を抱いて終わります。

これは何の下調べも知識もない状態で、展示場に参加してしまっているからです。

ある程度ハウスメーカーを絞って知識がある段階であれば、もっと具体的な話ができるようになります。

【ネットの意見1 Yさん】
住宅展示場を周るのは時間の無駄。
建売なら話は別だけど展示場はそもそも人が住む事を想定していない博物館のような物。
一般的な分譲地には収まらない間取りや隣地や前面道路を考えていない大きな開口など。
展示場をさらっと見ただけで得られる情報はもの凄く少ないので注意
出典:https://twitter.com/

 

理由3:しつこく営業される

一度住宅展示場に行くと、「連絡先」「住所」などを記入させられます。

後日、営業マンから怒涛の営業がありますので、結構めんどくさいです。

【ネットの意見1 Sさん】
住宅展示場のHMからの営業電話がめんどくさい。
見に行ってないってことはおまえんとこ興味ないってことさ。
出典:https://twitter.com/
【ネットの意見2 Hさん】
住宅展示場いっぱい見に行ったから営業来るのがめんどくさい。
出典:https://twitter.com/

展示場に参加するとガンガン営業から連絡が来ます。

電話やメール、営業マンによっては、自宅までお仕掛けてくる場合もあります。

 

理由4:営業に負けて契約してしまう

最悪の場合、営業マンにガンガン押されて、その場で契約してしまう事があります。

これは実は非常に勿体ないです。

同じような家を建てるにしても、他のハウスメーカーであれば、もっと安く建てたり、もっと良い条件で建てられる可能性が高いです。

高い買い物ですので、どうせなら、しっかり他のハウスメーカーも比較してから決めるべきです。

 

理由5:ハウスメーカー探しに時間がかかる

住宅展示場でのハウスメーカー探しは、実は非常に非効率な行動です。

住宅展示場でハウスメーカーを探そうと思うと、何度も展示場に参加する必要があります。

展示場に行っても、一度に見れるのは数社程度。

これは非常に効率が悪いです。
 

理由6:モデルハウスはあまりアテにならない

モデルハウスに行くと分かるのですが、モデルハウスはHMが技術を見せるための場所です。

基本的に一番グレードの高い物を採用しているので、あまり参考になりません。

住宅展示場は、興味があるハウスメーカーに話を聞きに行くのが主な目的です。

モデルハウスを見るだけのために住宅展示場に行っても、あまり意味がありません。

 

3.住宅展示場に行く前にやるべき事とは?

住宅展示場は、ある程度ハウスメーカーが絞れた段階で行くのは良いと思います。

では、ハウスメーカーを絞るにはどうすれば良いのか?

 

まずはハウスメーカーを絞ることから

これから家造りを行う人が最初にやるべきなのは、「ハウスメーカーの絞り込み」です。

世の中には何十社、何百社というハウスメーカーや工務店が存在します。

まずはここから、自分たちの条件に合ったハウスメーカーを見つける必要があります。

 

一括資料請求が最高に使える!

何十社、何百社というハウスメーカーを、住宅展示場だけで見るのは正直無理です。

やるべきなのは、一括資料請求でハウスメーカーを絞り込む事。

タウンライフ家づくりでは、国家基準をクリアした優良注文住宅会社600社から一括で資料請求が行えます。

自宅にいながら、3分程度で無料で行えます。

>>資料請求はココから

タウンライフ家づくりでは「ハウスメーカー探し」だけでなく、「間取りの作成」「土地探し」「資金計画」など様々なサービスを受けられます。

【サービス内容】
・注文住宅会社探し
・間取りプランの作成
・土地探し
・資金計画
・リフォーム

ちなみにタウンライフ家づくりと提携している住宅メーカーは以下のような場所。

自宅にいながら、全国の人気のあるハウスメーカー・工務店から「オリジナルの間取りプラン・見積もり」を無料で取り寄せらるのは、本当に便利なのでオススメです。

▼無料で一括資料請求を行う▼


 

これらを全て資料として自宅で受け取ることができます。

電話をしたり直接会う必要がないため、気軽に行えるのが魅力です。

 

4.まとめ

以上です。

今回は、最初から住宅展示場は行かない方がいい理由と、住宅展示場に行く前にやるべき事についてお話しました。

住宅展示場は、ある程度ハウスメーカーを絞り込んだ後に行くべきです。

そのためにはまず、色々なハウスメーカーや工務店を比較検討する必要があります。

これには「一括資料請求」がめちゃくちゃ使えるので、是非試してみてください。

一括資料請求のメリットは以下のようなもの。

・HM600社を一気に比較できる
・家造りの知識がつく
・自宅で行える
・HM探しの時間を短縮できる

自宅でネットを使って、3分程度で資料請求が行えます。全て無料です。

>>資料請求はココから

 
 ハウスメーカーを探す


「タウンライフ家づくり」を利用すれば、基準をクリアした全国の優良注文住宅会社から、「注文住宅会社探し」「間取り作成」「見積もり」などを全て無料で行ってくれます!

自宅にいながらネット上で3分程度で一括依頼をかけることが可能。各地域に対応できる注文住宅会社が、無料で家造りの資料を作成してくれます。

▼無料で一括請求を行う▼
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*