映画館でのマナー違反や迷惑行為!守るべき12個のルールとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画館でのマナー違反は最悪です。せっかく楽しみにしていた映画が台無しになっちゃうし、不特定多数の人に迷惑をかけることになります。今回は映画館で守るべき12個のルールをご紹介します!

今日は大好きな映画の上映日!ワクワクドキドキしながらいざ映画館につき映画鑑賞を始めた所、前の客のスマホの光がチラチラ見えて「映画に集中できない!」って感じた事はありませんか?

映画館は静かで暗い場所です。他のお客さんも集中して映画を見ているわけですから、小さな物音や行動がマナー違反になることもあります。

他のお客さんに嫌がられない板目にも、最善の注意をして映画を楽しみたいですね!

それでは映画館でよくある非常識なマナー違反を見ていきましょう!反面教師として自分も同じ行動を起さないように注意しましょうね。

目次

1.スナック菓子やビニール袋の音
2.映画上映中に喋る人
3.スマホをいじる
4.スマホの着信音が鳴る
5.大きなイビキをかく
6.小さな子供の泣き声
7.途中で席を立つ
8.前の席に足がぶつかる
9.肘掛を両方占領する
10.臭い
11.咳がひどい
12.背が高すぎる
13.ホームシアターを利用しよう
14.映画を見るなら動画配信サービスがオススメ
15,まとめ

 

1.スナック菓子やビニール袋の音

お菓子や袋をガサガサする客っていますよね?映画が始まる前であれば全然OKですが、大切なセリフのシーンで”ガサガサ”やられると、何を言っているのか聞き取れなくなるし非常に迷惑です!

ジュースやお菓子は映画が始まる前に袋から取り出しておき、映画の上映中はガサガサ袋の音を出さないよう心がけましょう。

それとポテチなど”食べる時に音が出るお菓子”も気になりますね。特に音が大きく出てしまう人は、口をちゃんと閉じずに食べている人が多いです。

しっかり口を閉めて食べれば、そこまで”バリバリ”という音は聞こえてこないはず・・・

周囲からの視線が気になるようであれば、ポップコーンなど”音が出ないお菓子”を選ぶようにしましょう♪

 

2.映画上映中に喋る人

映画中に喋りかけるのは完全なマナー違反です!喋りかけられている人も迷惑だし、周囲のお客さんも迷惑がっています。

映画の内容が気になってヒソヒソ話で聞く程度ならまだ許せますが、普通に喋りかけている人もたまにいらっしゃいます。映画上映中に他人の声が入ってくると、現実に戻されるし映画に集中できなくなります!

小さなお子さん連れの家族は、会話している事が多いので、映画の座席選びでは離れたほうがいいかもしれません。

 

3.スマホをいじる

後ろの人がスマホをいじっている分には問題ないのですが、前の席でこれをやられると非常に迷惑です。映画館は暗いので光がとっても目につきます。

本人は手元でスマホを操作しているだけのつもりであっても、後ろや隣の席の人の誰かの目には光が入っているはずです。スマホの光はとても強く、真っ暗な映画館では迷惑になるので気をつけましょう。

映画館が暗くなったら、基本的にスマホの操作は控えるようにするのがベストです。

 

4.スマホの着信音が鳴る

これは問答無用でルールに反しています。当然ですが、映画館に入る時はマナーモードにすること!1度でも着信音がなってしまうと、周囲の人からは大ブーイングが起きます。

鳴った本人も恥ずかしいですが、一緒に来ている友人や恋人も恥ずかしい思いをすることになるので、必ずマナーモードにする事を忘れないでおきましょう。

 

5.大きなイビキをかく

年配のオジサンに多いのですが、大きな音のイビキをかいて寝てしまっている人がいらっしゃいます。映画館で寝るのは自由なのですが、イビキをかく人は寝ないように気をつけた方が良いです!

映画の音が大きい時は気にならないのですが、静かでシリアスなシーンで、「グゥーzzz」「グゴォーzzz」とイビキが聞こえると、変に笑えてしまい映画に集中できなくなります。

普段からイビキをかく人は、映画館では寝ないようにしてください。

 

6.小さな子供の泣き声

たまに小さなお子さんが親御さんと一緒に映画を見に来ています。「アニメ」はもちろん子供が多いのですが、洋画でも「SF系」「ファンタジー系」などは好まれるようです。

小さなお子さんであれば泣くのは仕方ありませんが、マナー違反として受け取られる好意は、その後の親の対応です。映画館の中で注意したり、”しつけ”を行う方を以前見かけました。

子供の泣き声だけであれば良かったのですが、親がその場で怒り出したので映画どころではありませんでしたね・・

●小さなお子さんが泣き出したら、すぐに映画館から出る

これは徹底するべきです。泣き出してもすぐに退出してくれれば、そこまで気になりませんからね。

 

7.途中で席を立つ

トイレや大切な用事があり、途中で席を立つこともあるかと思います。しかしやはり映画館で席を立つと、必ず後ろの人は一瞬ですがスクリーンを遮られることになります。

もちろんそこまで気にする人はいないかもしれませんが、できるだけ避けるべきです。

特に「トイレ」は上映前に済ましておけば、席を立つのを防げます。

これは少数派の意見ですが、人によってはエンドロールで席を立たれるのも嫌なようです。ここまで気にする必要はないと思いますが、最低限上映中はなるべく席を立たないよう注意しましょう。

 

8.前の席に足がぶつかる

本人は気付いていなくても、足を前の席にぶつけると前席の人には非常に迷惑です。軽く当たっても振動は行きますので、「あれ?蹴られている?」と前席の人は気になってしまうでしょう。

特に気を付けて頂きたいのは、足をよく組む人。足を組むときは靴のつま先部分が前の席に当たりやすいです。思わぬ誤解を招いてしまうかもしれませんので、ぶつからないように注意しましょう。

 

9.肘掛を両方占領する

席の両腕部分に肘掛がついているので、何も気にせず両腕を置いていませんか・・?

基本的に肘掛と飲み物ホルダーは、席の右側を利用するのがマナーとなっています。たまに両側を占領してしまっている人がいらっしゃいまうが、これは完全なマナー違反。

隣の人は思っていても注意できないと思いますので、右側を使うようにしてください。

 

10.臭い

体臭や強い香水の匂い、タバコの臭いなどは気になる人は大勢いらっしゃいます。ヒドイ体臭が隣から香ってきてしまうと、正直映画どころじゃなくなりますよね・・・

香水なども人によっては「気持ち悪くなる・・」と答える人もいらっしゃいます。

タバコは吸った直後は結構匂いが染み付くので、できれば映画館に入る直前では吸わないほうが良いでしょう。映画館は隣の人との席が近いため、強い匂いには敏感になりやすいです。

 

11.咳がひどい

映画館で隣の人が、「ゴホッ!ゴホッ!」となんども咳をしていると非常に気になります。音がうるさいのも気になりますが、「風邪を引いているんじゃないか?」って心配になりますよね・・・

特にインフルエンザなどが流行している時は、隣に座っているのが物凄くストレスに感じてきます。

風邪を引いているのであれば映画館に行くべきじゃないし、仮に引いていなくても咳をしていると周囲に嫌がられますよ。

 

12.背が高すぎる

これはマナー違反ではありませんが、やっぱり背が高い方が前方の席に来られると、画面が見えなくなりガッカリしますよね。

特に子供や背の低い女性であれば、前の席に180cmくらいの男性が来ただけで、画面が隠れてしまいます・・・

私にも186cmの仲の良い知人がいるのですが、その方も一緒に映画を見に行った際に後方ばかり気にしていました。やはり背か高い人は、「後ろの人が見えなくなる」というのを分かっているようですね。

そんな時は席の端側を選ぶといいです。端であれば完全に被ることはないので、後ろの人に迷惑が掛かりません。背が高くて後ろの人が見えなくなるのが気になる人は、端っこの席を選んでみてください!

 

13.ホームシアターを利用しよう

映画館での上映は、迫力があり自宅でDVDで見るのとは違いますよね。しかし、周囲の人のちょっとした行動が迷惑行為になるので集中できない人もいらっしゃいます。

「楽しみにしていた映画を見に行ったのに、隣の人の喋り声が気になって集中できなかった!」
「子供の声で映画の内容が頭に入ってこなかった・・」

こんなことになったら悲惨です・・・

映画館で映画を見ると、一人1500円~2000円程度します。そこそこ高いお金を払って楽しめなかったら、本当に悲しいですよね。

 

そんな時は家庭用ホームシアターがオススメ!

自宅で誰の事も気にせずに大迫力の映画を見るには、自宅用ホームシアターを使うのがオススメです。

100インチのテレビを買おうと思えば、数百万円規模になるのでとても購入できません。しかし自宅で見るホームシアターであれば、「プロジェクター」や「スクリーン」を購入すれば大画面で迫力ある映画を楽しめます。

安いものであれば数千円~数万円で購入できるので、映画好きであれば是非オススメです。

 

14.映画を見るなら動画配信サービスがオススメ

映画やドラマ、アニメなどが好きな方であれば、動画配信サービスに登録する事をおすすめします。DVDをレンタルしてもいいですが、新作を数本借りるだけでも1000円近くしてしまいます。それくらいでしたら、動画配信サービスに登録して月額1000円以下で見放題の方が断然お得です。

 

15.まとめ

以上です。今回は、映画館でのマナー違反や迷惑行為と、守るべきルールについてご紹介しました。

映画館は暗くて静かな場所ですので、ちょっとした行動が周囲の人たちに迷惑行為として受け取られてしまいます。周囲の人の行動が気になるように、自分の行動も監視されていることを忘れないで下さい。

「スマホが鳴っていないかバッグ出して確認する。」
「お腹が空いたからビニール袋からお菓子を取り出す。」

こういった何気ない行動が、周囲の人を苛立たせているかもしれません。面倒かもしれませんが、映画館で迷惑を掛けずに映画を楽しむためには、今回ご紹介した”守るべき12個のルール”を今一度確認してみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*