地球外生命体・宇宙人が出てくる映画。実際見ておもしろかったのは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地球外生命体・宇宙人が出てくる映画は、SF好きには溜まらない作品ですよね。ミステリアスで恐怖もあり、ドキドキハラハラを存分に味わえます。

今回は実際に僕が見ておもしろかった作品や、ネット上で人気の映画をご紹介いたします。地球外生命体・宇宙人が出てくる映画を探している人は是非チェックして下さいね!

 

1.遊星からの物体X ファーストコンタクト

ホラー要素満載の地球外生命体・宇宙人が出てくる映画を見たいなら、「遊星からの物体X ファーストコンタクト」がオススメ!

これは個人的に地球外生命体系の映画では一番気に入っており、すでに4回くらいは見ています。物語がたんたんと進んでいくので、全然飽きないし常にスリルがあり終始楽しめる映画です。

コチラの映画は、1982年に放った傑作SFホラー「遊星からの物体X」の前の話を描いています。

ある日、ノルウェー南極観測隊が南極で未知の生物を発見しますが、実はまだ生きており次々と南極観測隊や軍人、考古生物学者が襲われていきます。

この映画は単純に地球外生命体に殺される恐怖もありますが、人間に同化するため「誰が宇宙人かわからない」という恐怖も併せ持っています。

この生命体は同化する能力を持っており、見た目は普通の人間に見えても実は化け物に乗っ取られている可能性があるのです。

人間が同化されてから化け物になる「CG」も、非常にリアルなので見応えがあります。

 

2.クローバーフィールド

クローバーフィールドは現在の所、3シリーズ「クローバーフィールド/HAKAISHA」「10 クローバーフィールド・レーン」「クローバーフィールド・パラドックス」が公開されています。

僕は3つとも見ましたが、どれも好きでした。どの映画も何か分からない未知の生物が題材となっています。

まず最初の「クローバーフィールド/HAKAISHA」。これはアメリカニューヨークで、突然大きな地震が起こり、そこから人々が未知の生物から逃げ惑うパニック系の映画です。個人的にはこのシリーズではHAKAISHAが一番好きです。

続いては「10 クローバーフィールド・レーン」は、女性が中年男性にシェルターで監禁されている所から物語が始まります。宇宙人や地球外生命体はほとんど出てこず、どちらかというとシェルターから逃げるシーンなどがメインとなってます。SFというよりもサスペンス要素が強め。

そして「クローバーフィールド・パラドックス」は地球から離れた宇宙ステーションでの話を描いています。

これら3部作に直接的な繋がりは少ないため、単独でも十分楽しめる作品となっています。

地球外生命体の恐怖を見たいのであれば、最初の「クローバーフィールド/HAKAISHA」がオススメです。

 

3.ライフ

「ライフ」は、ある国際宇宙ステーションでの地球外生命体との戦いを描いた映画です。

最初は火星から拾った宇宙人の小さな細胞をサンプルとして取り扱っていますが、それが次々と進化していき、やがて手に負えなくなりステーション内の人間を殺していきます。

ステーションのクルーが、一人一人殺されていくシーンはリアルで恐怖を感じます。

クルーたちも地球を守るために生命体を殺そうと試みますが、思っている以上に凶暴で力があり手に負えない状況に。ラストは地球から生命体を遠ざけるため、ある施策を思いつきますが・・・・。

 

4.ソラリス

ソラリスはこれまで紹介した「ホラー系」「ミステリー形」とは異なり、SF×ロマンス系の映画です。

この映画は脅威のある宇宙人を描いているわけではありません。宇宙空間の怖さはあるのですが、それ以上に切なさを感じられる映画です。

物語で出てくる「惑星ソラリス」では、人々が望むものを見る事ができます。たとえ死者でさえも・・・

主人公の精神科医クリス・ケルヴィンは、ソラリスの近くにある宇宙ステーションのクルー救済のため、宇宙ステーションに向かうこととなります。

そこでは不可解な現象が起きており、クリス自信も無くなった妻に出会うこととなります。

 

5.ブレア・ウィッチ・プロジェクト

ブレア・ウィッチ・プロジェクトはアメリカのホラー映画です。ビデオカメラでのドキュメンタリー風に撮影されており、緊迫感が伝わってくる映画となっています。

映画の物語では、伝説の魔女「ブレア・ウィッチ」のドキュメンタリーをとるために大学生が森に訪れます。そこでは不可解な現象が起き、次第に恐怖へと変わっていきます。

この映画は後に続編が出ており、そこで正体が「宇宙人」と決められているみたいです。

 

6.第9地区

「第9地区」は突然地球に現れた宇宙人との共存を描いています。この映画で登場する宇宙人は、「未知の生物」というよりは、エビのような外見の特別な力を持たないエイリアンでした。

この映画では人類がエイリアンの保護区をつくり管理しています。ただ人類が襲われるだけではなく、「共存」が描かれており、他の作品とは少し違った視点で見る事ができます。

 

7.モンスターズ/地球外生命体

モンスターズ/地球外生命体はモンスターパニック映画です。ただし劇中でモンスター自身の姿はほとんど見られず、どちらかというと男女のロードムービーのような仕上がり。

これはこれで楽しめるのですが、宇宙人や地球外生命体の姿を見たい人にとっては、少々物足りなく感じるかもしれません。

 

8.ミスト

ミストは、スティーヴン・キングの小説「霧」を原作とした映画です。この映画はネット上では賛否両論分かれますが、僕は大好きな映画です。

出てくるのは宇宙人というよりは虫のようなモンスターですが、非常にスリルがあり終始ドキドキハラハラさせられる映画です。

ミストで問題となっているのは「ラストの終わり方」ですが、個人的には思いも寄らない展開で驚かされて楽しめました!

 

9.SUPER8/スーパーエイト

スーパーエイトはホラーというよりは、スター・トレックやスター・ウォーズのようなSF映画。

ある日子供たちが夜に家を抜け出し、映画の製作に取り組みますが、偶然にも列車事故が目の前で起こります。

その時たまたま撮影していたカメラに、政府の極秘プロジェクトで運ばれていた「何か」が、列車から逃げるのを撮影してしまいます。

他の宇宙人の映画に比べると、グロさや怖さが少なく見やすいかと思います。

 

10.メッセージ

メッセージは、地球に突如現れた宇宙船や宇宙人の目的を探るため、試行錯誤しながら意思疎通をはかるSF映画です。

ただ人類が襲われるだけの映画とは違い、宇宙人の神秘的な様子、意思疎通の緊張感などが現れている素晴らしい映画。文字の解読など細かな部分も描かれており、リアリティーある作品に仕上がっています。

 

11.エイリアン

宇宙人映画といえば、「エイリアン」は鉄板の作品です。最近では続編なのか全く別の作品なのか、エイリアン関連の映画は増えておりよく分かりませんが、初期の「エイリアン」「エイリアン2」などは非常に怖さを感じる作品でした。

エイリアンはアクション系のSF映画ですが、スリルと興奮があり人類と宇宙人の戦いを見る事ができます。

 

12.プレデター

プレデターも人気の映画です。こちらも「プレデター」「プレデター2」「プレデターズ」と続編がたくさん出ています。

僕がオススメなのは、やはり一番最初の「プレデター」。こちらでは若かりし頃の「アーノルドシュワルツェネッガー」が主役として抜擢されています。

筋肉ムキムキのシュワちゃんが、軍隊の仲間を引き連れてプレデターと戦う様は圧巻です。

 

13.宇宙人ポール

コチラはその名の通り、宇宙人「ポール」が主役のコメディ/SF系の映画です。宇宙人といっても全く怖さはなく、笑いや友情が詰まったコメディ映画です。

中身もしっかりしているので、怖くない宇宙人の映画を見たい方にオススメ。

 

14.宇宙戦争

宇宙戦争は宇宙人の地球侵略から、人類の抵抗を描いたアクション/SF映画となっています。主演はトムクルーズ、監督はスティーブン・スピルバーグという最強の組み合わせ。

アクション満載で地球外生命体も現れるし、非常に楽しめる映画です。

 

15.プロメテウス

プロメテウスは「エイリアン」の前章を描いた物語。前章という設定にはなりますが、エイリアンより新しく製作されているので、映像が綺麗で非常に見やすいです。

内容もおもしろく、エイリアンのようにグロい宇宙人映画が好きな人にはオススメ。

 

16.インデペンデンス・デイ

インデペンデンス・デイは非常に有名なので、見た事がある人も多いのではないでしょうか?

ある日、突如現れた宇宙船が人類に攻撃を仕掛けてきます。人類の生き残りをかけて宇宙人に戦いを挑みます。

 

17.アンダー・ザ・スキン 種の捕食

アンダー・ザ・スキン 種の捕食は、主役のスカーレット・ヨハンソン自身が地球外生命体を演じています。見た目は普通の人間ですが、妖艶な容姿で男性を自宅に招き捕食していきます。

緊張感があり、映像やサウンドに「美」を感じられる作品です。

 

18.アンダーウォーター

アンダーウォーターは深海での未知の生物と遭遇する映画です。

ある日、地震により海底研究所が破壊されてしまい研究者たちは潜水服を着て避難を試みます。しかし地震の影響で海底深くにいる、未知の巨大生物を呼び起こしてしまいます。

劇中で出てくる巨大生物は、神話に登場する「古代の生き物」を想定して作られているそうです。宇宙人ではありませんが、「未知の生物」という意味では楽しめます。

 

19.X-コンタクト

X-コンタクトは、遊星からの物体Xによく似た映画です。

こちらでは北極で氷漬けとなった地球外生命体との衝突を描いてきます。僕はまだ見ていないのですが、ネット上の評価を見る限りでは、「遊星からの物体X」が好きな方であれば楽しめると思います。

ただし「遊星からの物体X」のほうが高評価を得ているのでオススメです。

 

20.オススメの動画配信サービス

映画を見るなら動画配信サービスを利用するのがオススメです!

DVDをレンタルしてもいいですが、新作を数本借りるだけでも1000円近くしますよね。それくらいでしたら、動画配信サービスに登録して月額1000円以下で見放題の方が断然お得です。

動画配信サービスには色々なサービスがありますが、無料配信している映画の数が多いサービスを選ぶのがオススメです。

 

動画配信サービスオススメ1:U-NEXT(ユーネクスト)


【公式サイトはコチラ】
U-NEXT

動画配信サービスでオススメなのはU-NEXT(ユーネクスト)です。

U-NEXT(ユーネクスト)では、オリジナル作品はもちろんですが、CSで現在放送されている注目度の高い動画まで配信されています。

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで見る事が可能で、ほとんど全ての商品が「見放題」となっています!

旧作品はもちろん見る事ができますが、ほとんどのチャンネルが毎週決まった曜日に更新されているので新作も見放題!

31日間の無料トライアルに応募すれば、動画見放題に併せて600円分のポイントが受け取れます。このポイントは、新作の動画を見てもいいし、書籍や最新コミックなどの購入にも使えます。

【U-NEXTの詳細】
・月額料金:1,990円(税抜)
・31日間の無料お試し期間あり
・見放題作品数80,000本以上、レンタル作品数40,000本以上

 

動画配信サービスオススメ2:Hulu(フールー)

海外ドラマバナー

Hulu(フールー)は僕が契約している動画配信サービスです。最初は「アマゾンプライム」
だけでしたが、少し物足りなかったので最近Huluも契約しました。

こちらも動画の数が非常に多く、新作でも見れる物が多いのでオススメ。U-NEXTに比べると動画の数は少し少なく感じますが、月額料金が1,026円(税抜)とリーズナブルなのが嬉しい。

【Huluの詳細】
・月額料金:933円(税抜)
・14日間の無料お試し期間あり
・見放題作品数6万本以上

 

21.地球外生命体・宇宙人が出てくる映画のまとめ

以上です。今回は地球外生命体・宇宙人が出てくる映画をご紹介しました。

宇宙人が出てくる映画は、「SF×ホラー」「SE×アクション」といったジャンルが多いです。ドキドキハラハラさせられるので、こういったジャンルが好きな方であれば是非視聴してみてください。

動画配信サービスをテレビで視聴するには、「Fire Tv Stick」の購入がオススメです。

【アマゾンでの購入はコチラ】
・「Fire Tv Stick」をアマゾンで見る
【楽天での購入はコチラ】
・「Fire Tv Stick」を楽天で見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*