「古い映画、昔の映画」を見るのにオススメ動画配信サービス(VOD)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さまざまな会社の動画配信サービス(VOD)がありますが、どのサービスも「昔の映画」「古い映画」は意外と少ないものです。

「昔の映画をもっと見たい!」「古い映画をVODで楽しみたい!」本当の映画好きであれば、このように感じている人も多くいるはず。

実際に僕も映画が好きで、いくつかの動画配信サービス(VOD)を利用しています。どのサービスにも共通して言えるのが、意外と昔の映画が少ないという事です。

新しい映画が見れるのは嬉しい事ですが、やはり昔の映画を見たくなる時もあり、物足りなく感じる事もあります・・・。

 

1.古い映画が見れる動画配信サービスはあるの?

世の中には「名作」とも呼ばれる古い映画がたくさん存在しますよね。例えば下記のような映画です。

【名作と呼ばれている古い映画】
●ショーシャンクの空に(1994年)
●タイタニック(1997年)
●アルマゲドン (1998年)
●ローマの休日(1953年)
●風と共に去りぬ(1939年)
●プリティ・ウーマン (1990年)
●E.T.(1982年)
●ジョーズ (1975年)
●ゴッドファーザー(1972年)
●I am Sam アイ・アム・サム(2001年)
●いまを生きる(1989年)
●インディ・ジョーンズ(1981)
●イントゥ・ザ・ワイルド(2007年)

このような「名作」と呼ばれる映画は、比較的どの動画配信サービスでも配信数が少なめとなっています。

その理由としては、映画の中ではどうしても新作への需要が高いため、そちらを優先して配信してしまっているからです。古い映画は見る人は割と限られており、全体で見ると需要が少ない傾向があります。

これは仕方のない事です。

ただその中でも、一部のサービスでは古い映画がそれなりに揃っている場所も存在します。

 

2.「古い映画」「昔の映画」が見れる動画配信サービス

続いては「古い映画」「昔の名作」を視聴するのにオススメしたい、動画配信サービス(VOD)を3つご紹介いたします。まず動画配信サービスの選ぶポイントとしては、以下の点に注意する事。

【動画配信サービスを選ぶ上での注意点】
1,映画の総本数が多いサービスを選ぶ
2,無料期間を利用して好きな映画があるのか確認しておく

 

映画の総本数が多いサービスを選ぶ

「古い映画」「昔の映画」を動画配信サービスで視聴したいのであれば、視聴できる映画の総本数が多いものを選ぶべきです。

仮に見放題の映画の本数が多くても、「ミュージックビデオが中心」「日本のドラマが中心」「アニメが多い」など、サービスによって偏りがあります。

ですので「映画の本数が多いサービス」を選ぶことで、古い映画もたくさん見られるようになります。

 

無料期間を利用して好きな映画があるのか確認しておく

それと無料期間を上手く利用する事も必須です。世の中にはたくさんの動画配信サービス(VOD)が存在しますが、ほとんどのサービスで「無料トライアル期間」というものが設けられています。

これは一定期間であれば、お金を払わずに無料で視聴できるというサービスです。

このサービスを利用すれば、どの動画配信サービスに古い映画が多く揃っているのか確認する事ができます。

良さそうな動画配信サービスをいくつかピックアップして無料期間を体験して、その後に自分の好みの映画が多く揃っていたサービスで本契約する、という流れが一番オススメです。

 

オススメの動画配信サービス1:Amazonプライムビデオ

【公式サイトはコチラ】
・Amazonプライムビデオ

古い映画をもっとも多く取り揃えているのは、間違い無く「Amazonプライムビデオ」でしょう。

他の動画配信サービスと比べると、見放題に含まれる動画数は決して多くはありません。しかし古い映画や名作がたくさん揃っており、映画好きからは人気が高いです。

アマゾン内では見放題に含まれていない「映画」もたくさん存在します。

この場合「レンタル」という形で別料金を支払い視聴することになりますが、このレンタル映画も含めれば、有名な「昔の名作」はほとんど見れるようになります。

これがアマゾンプライムの最大の強みです。ちなみにレンタルも古い映画であれば、「199円」くらいで見られるので安価です。(※新作はやや高めです)

Amazonプライムビデオのその他の魅力としては、「価格が安いこと」も挙げられます。通常動画配信サービスは月額1,000円くらいが相場となっていますが、アマゾンプライムは月額料金400円という驚異的な安さです。

さらにプライムミュージックで100万曲以上が聴き放題になったり、アマゾン内でのお買い物が配送料が無料になるなど、様々な特典を受けられます。

古い映画、昔の名作をレンタル料金を支払ってでも視聴したいのであれば、アマゾンプライムがオススメです!

【Amazonプライムビデオの詳細】
・月額料金:400円(年間3,900円)
・30日間の無料お試し期間あり
・見放題作品数20,000本以上

 

オススメの動画配信サービス2:U-NEXT(ユーネクスト)


【公式サイトはコチラ】
U-NEXT

続いてご紹介したい動画配信サービスは、U-NEXT(ユーネクスト)です。ユーネクストをオススメする理由は、単純に視聴できる映画の数が多いからです。

ユーネクストでは見放題作品数はなんと14万本以上、その中でも海外の「映画」「海外ドラマ」が多く揃えられており、洋画が好きな人には是非オススメです。

もちろん古い映画や名作と呼ばれる映画も多く配信されており、人気の新作なども幅広く見る事ができます。月額料金が高いのがネックですが、新作・旧作問わず映画は多いです。

古い映画だけでなく、新作や順新作を無料で視聴したい方であれば、「ユーネクスト」がオススメ!

【U-NEXTの詳細】
・月額料金:1,990円(税抜)
・31日間の無料お試し期間あり
・見放題作品数14万本以上

 

オススメの動画配信サービス3:Hulu(フールー)

海外ドラマバナー

Hulu(フールー)は、見放題作品は6万本とユーネクストに比べるとやや少なめです。(※他の動画配信サービスに比べればかなり多い方ですが・・)

視聴できる動画の特徴は、主に「海外ドラマ」「アニメ」「バラエティー」「映画」が豊富です。新作映画はやや少なめですが、旧作は割りと揃っています。

僕もHuluを利用していますが、昔の「名作」と呼ばれる映画が多いので、かなり気にいってます。それと料金が933円とリーズナブルな点もオススメですね。

「追加料金なしで安く名作映画を見たい人」「映画以外にも海外ドラマやバラエティーなど幅広く視聴したい方」であれば、HULUがオススメです!

【Huluの詳細】
・月額料金:933円(税抜)
・14日間の無料お試し期間あり
・見放題作品数6万本以上

 

3.まずは無料期間で視聴してみよう!

どの動画配信サービスでも、ほとんどが「無料トライアル期間」という期間を設定しています。これは「2週間」「1ヶ月」などサービスによって差はありますが、一定期間無料で動画配信サービスを利用できるというもの。

これがとっても便利なので是非試して欲しいです。

「Amazonプライムビデオ」や「U-NEXT」であれば、1ヶ月間無料で動画を好きなだけ視聴する事ができます。もちろん無料期間だけ試して解約するのもOKです!

ですのでこれから動画配信サービスへの加入を考えている方であれば、いくつかのサービスの無料期間を試してから、どのサービスと本契約をするか決めるのが一番です。

実際に無料期間を体験することで、「このサービスは自分好みの映画が多く揃っている!」「こちらのサービスは古い映画が少なくて残念だ。」など、実際に体験する事ができるからです。

これは実際に使ってみないと分からないですからね。

一般的な動画配信サービスの無料トライアル期間については、下記の記事で詳しく説明しています。是非参考にしてくださいね。

 

4.「古い映画、昔の映画」を見るのにオススメ動画配信サービスのまとめ

以上です。今回は、「古い映画」「昔の映画」を見るのにオススメしたい動画配信サービスをご紹介しました。最近では動画配信サービスの数も増えており、どのサービスを選べば良いか難しいですよね・・・。

特に映画に対して強い拘りがある人であれば、自分の好みの映画が多いサービスを選ばなければいけません。

そのためには無料トライアル期間を利用して、どのような映画が配信されているのか、実際に利用してみるのが一番です。

古い映画、昔の映画が好きなのであれば、「アマゾンプライム」がオススメです。(ただし見放題に含まれていない作品が多いので都度レンタル料が必要)

古い映画だけでなく、新作なども追加料金なしで幅広く見たいのであれば、「ユーネクスト」「フールー」あたりが良いかと思います。

 

「Fire Tv Stick」を使ってテレビで映画を楽しもう!

動画配信サービスをテレビで視聴するには、「Fire Tv Stick」の購入がオススメです。「Fire Tv Stick」とは、Amazonが販売しているHDMI接続のテレビ連動端末です。

「Fire Tv Stick」を一つ持っているだけで、「Amazonプライムビデオ」「Netflix」「U-NEXT」「Hulu」「YouTube」「AbemaTV」DAZN「dTV」など、様々な動画配信サービスの動画を、テレビを通して大画面で楽しめるようになります。

【アマゾンでの購入はコチラ】
・「Fire Tv Stick」をアマゾンで見る
【楽天での購入はコチラ】
・「Fire Tv Stick」を楽天で見る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*